矯正歯科

きれいな歯並びは虫歯や歯周病の予防につながり将来にわたってお口の健康維持に貢献します。
さらに、よい噛み合わせは消化を助け、からだ全体の健康にもよい結果をもたらします。
 
矯正専門医による診療を行っていますので、成人、小児、あらゆる矯正に対応しています。
 

不正咬合のいろいろ

受け口

かみ合わせたとき、下の歯が上の歯より前に出ている状態です。前歯の傾斜の問題ならば矯正で治療が可能ですが、上のあごよりも下のあごが伸びすぎている骨格的な問題の場合は、矯正だけでは治せない場合も。遺伝的なことが原因となっている場合もありますが、上唇をかむ癖や、舌を突き出す癖も原因となります。

出っ歯

かみ合わせたとき、上の前歯は下の前歯のやや外側にあるのが正常なかみ合わせですが、横から見たときに、上の前歯や上あごが下の前歯より極端に前へ突き出ている不正咬合です。遺伝的なことが原因の場合もありますが、指しゃぶりや下唇をかむ癖、口呼吸などが原因となっていることもあります。

八重歯

あごが小さいと歯の生えるスペースが狭くなり、前後左右にずれて歯が生えてしまう結果歯並びがでこぼこになるのが叢生(八重歯)です。スペースは充分でも歯が大きすぎたり、余分な歯が生えたりしても起こります。この歯並びだと歯みがきが充分にできず、虫歯や歯肉炎になりやすくなります。

前歯が閉じない

歯をかみ合わせても、上下の前歯や横の歯が接触せず、開いた形になってしまうのが開咬です。上下の前歯がかみ合わないので、前歯でものをかむことができません。遺伝的なことが原因となっている場合もありますが、指しゃぶり、舌を突き出す癖や口呼吸などが原因となっています。

横ずれ

かみ合わせたとき、上下の奥歯のかみ合わせが左右にずれている不正咬合です。奥歯が左右にすれていると、そろうはずの上下の前歯の中心もずれていることが多くなります。左右どちらかばかりを下にして寝る癖などがおもな原因となっています。

深いかみ合わせ

かみ合わせたとき、下の前歯が見えないほど前歯のかみ合わせが深い不正咬合です。下の前歯が上の内側の歯肉をかんでしまうことも。遺伝的なことが原因の場合もありますが、唇やあごの筋肉が強いこと、乳歯の早期喪失や虫歯による奥歯の崩壊や欠損を治療せずに放置することなどにより引き起こされます。

小児矯正

勉強に集中できない、ふとした時に口をあけている、姿勢が悪い。
もしかしたら、歯並び・咬み合わせに問題があるかもしれません!
 
5~9歳くらいの間に永久歯が並びきるよう、ひと回り大きい永久歯が生えるだけのスペースを作ったり、前歯でしっかりと硬いものをかみきる食習慣や、口もとをひきしめる練習等をします。
永久歯が並びきるスペースがあるかどうかは、乳歯の時点でだいたい予想がつくので前もって顎を拡大して永久歯が並びきるようにします。
 
この時期に矯正することにより、装置が少なくてすみ、費用も安くすみます。
 
9才前後をすぎてから行う従来の矯正法では、永久歯が並びきってからの矯正治療になるのでスペース確保のために小臼歯を4本も抜いてしまいます。顎のスペースもせまくなり、治療も複雑になるため、費用も高くついてしまうことになります。
ぜひ、ご相談ください。

成人矯正

歯ならびが気になるけど、矯正装置を付けている自分はイヤ!
そう思って歯科矯正をあきらめていませんか?
 
裏側矯正は「リンガル矯正、舌側(ぜっそく)矯正」などとも呼ばれている、他人から装置が見えない治療方法です。
 
矯正装置が見えるのが気になるから矯正をしたくない。装置が見えることが矯正治療をためらう一つの理由です。
表側矯正と比べると歯の裏側に装置を付けた方が虫歯になりにくい。
裏側矯正は、表から見えないため、人の目を気にせずに治療できます。実際に治療を受けられた方からもご好評いただいております。誰にも気づかれないまま歯並びを治せます。
 
 
歯並びや噛み合わせでお悩みの方は一度ご相談ください。

料金案内

矯正検査診断料
※料金につきましてはお問い合わせください。
MTM診断料
※料金につきましてはお問い合わせください。
MTM(限局矯正)片顎
数本までの歯に限定して治療します ※料金につきましてはお問い合わせください。
セラミック矯正治療
歯の色に近い装置を使用するので、目立ちにくくなっています ※料金につきましてはお問い合わせください。