口腔外科

顎が痛い、顎の関節が痛い、親知らずが生えてきたなどの症状がありましたら、お気軽にご相談ください。

顎関節症とは?

痛み、開口障害、関節雑音が3大症状

「顎を動かすと痛い」「口を大きく開けられない(開口障害)」「口を開閉すると音がする(関節雑音)」などが、顎関節症の主な症状です。患者さんによって、症状が1つこともあれば重複することもあります。

これらの症状が気になりだしたら、顎関節症というあごの関節の病気が疑われます。

 

顎関節症は、歯の咬み合せが悪くて、顎関節の構造を変化させたり、精神的緊張やストレスがあごの周辺の筋肉に異常をもたらします。
これが症状を発現してその結果、咬み合せが悪くなったりします。
咬みあわせの悪くなった状態を放っておくと、口が開かなくなったり睡眠障害を起こしたり、自律神経が低下したり、いろいろな問題を引きおこします。
これらは、咬み合わせの治療を行うことで、症状は少しずつ楽になっていきます。
症状がまだ軽いうちは、治療もそんなに大変でないので、気になられる方は、早めに歯科医院で受診する事をおすすめします。

顎関節症の原因は?

むし歯の治療をしてかぶせた金属やプラスチックが壊れたり、さびたりして咬み合わせが悪くなったり、親知らずやむし歯があって痛くない方の歯で無理に咬んで悪い咬み癖がついたりすると、顎関節症になりやすくなります。
抜歯後に治療しないで放置すると、前後の歯の位置がずれて咬み合せが悪くなる事もあります。また、元々咬み合わせが悪いのに長年無理して咬んでいた結果、食べ物がよく咬めなくなったり、痛みが生じたりする事もあります。さらに、歯ぎしりや頬杖をつく癖があると顎の関節や筋肉に負担がかかるため、顎関節症になる事があります。
精神的なストレスや心配事などで歯を食いしばったり、歯ぎしりする癖がある人も要注意です。

顎関節症の治療法は?

顎関節症は、一般的に歯科で治療しますので、まずは症状を確認させていただき治療の説明をさせていただきます。